メニューを飛ばして本文へ

グループトップページへ

グループ情報ページへ

国際協力の取り組み

ときわ会グループは、フランス・パスツール研究所との共同研究や、経済産業省の経済連携協定(EPA)に基づくベトナム人看護師候補生、インドネシア人の介護士候補生の受け入れ、また中国からの介護技能実習生の受け入れなどを行なっています。

ときわ会グループの国際的な協力事業について

ときわ会グループでは、医療・介護のグローバル化に対応すべく、海外との連携事業にも取り組んでいます。2015年に行われた上海復旦大学との共同シンポジウムや、同年より受け入れを開始した、EPA(経済連携協定)に基づくベトナム人看護師候補生の受け入れ事業。また2018年末には、EPAインドネシアからのEPA介護福祉士候補生の受け入れ、中国からの介護職技能実習生の受け入れも行います。
ときわ会グループは、グローバル化を視野に入れ、今後も海外の国々との協力事業に取り組んで参ります。

EPAベトナム人看護師候補生ダン・ティ・ミン・ハインさんが日本の看護師国家試験に合格!

2016年8月、EPAベトナム人看護師候補生として「公益財団法人ときわ会常磐病院」に入職したダン・ティ・ミン・ハインが、2018年2月18日に行われた「第107回看護師国家試験」に見事合格しました。ベトナムでは現職のナースとして活躍していたハイン看護師。来日から約1年半という短期間で、見事日本の看護師国家試験に合格しました。
午前中は日本の看護の現場を学ぶために看護助手として実習を重ね、午後は日本語と試験勉強を集中的に学習。2018年に合格した彼女は、現在看護師として同僚らとともに一般病棟で勤務しています。

中国人技能実習生(介護職種)の受け入れ

2018年11月19日、仮設楢葉ときわ苑に3名の介護職種技能実習生が着任しました。
介護職種の技能実習制度は、厚生労働省より平成28年11月28日に「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)」が公布され、翌29年11月1日に施行。それにより介護職種が追加された事を受け、今回「仮設楢葉ときわ会」での受け入れの運びとなりました。
近年、日本同様、中国も少子高齢化問題が深刻化しています。今後彼女たちは、日本で学んだ介護技術と知識を祖国で役立たてられるよう、日々学習に励んでいます。

EPAインドネシア人介護福祉士候補生の受け入れ

2018年12月1日、小名浜ときわ苑に2名のEPAインドネシア人介護福祉士候補生が着任しました。
介護老人保健施設 小名浜ときわ苑では、インドネシアとの経済連携協定(EPA)に基づく取り組みとして、インドネシア人介護福祉士候補生の受け入れを開始。国民の87.2%がムズリム(イスラム教徒)というインドネシア。酒・豚肉が禁止されている他、定められた時間での礼拝や女性が被る布「ヒジャブ」の着用など、日本とは異なる文化の中で、来日から4年後の日本の「介護福祉士国家試験」の合格を目指し、日々、介護の実務や試験に向けての学習を行います。